年収300万ないアラサープログラマーブログ

明るい未来は望めない底辺PGのブログ

【レビューではない】ONE PIECE WORLD SEEKER ワンピース ワールドシーカー プレイ感想

今回は、私の通常のレビュー方針から外れて純粋に思ったことを書こうと思います。

エゴサしてきた開発者の方々に見てもらえたらいいと思って書く。そんなことないだろうけど。

なお、通常のレビュー方針はこちら↓

レビューの指針について - 意識低い系プログラマーブログ

今回書くのはこれについて

結論を一言で言うと、

非常に荒削りだが光るものはある。是非2を作ってほしい

となります。以下、ネタバレあり感想。

ストーリー

良くも悪くもいつもの尾田栄一郎大先生監修のストーリー

できるだけ無理のない形でできるだけ多くのキャラクターが登場するようにできている。

ただ、原作の時系列にねじ込もうとするとどうしても無理がでる。そこを気にする人にはお勧めできない。具体的には下記の通り。

  • ルフィの懸賞金が5億(ドレスローザ出航後〜ホールケーキアイランド出航後しばらく)なのに、ジェルマ66と面識がある(明らかにサンジに対するいざこざが終わっている風な会話がある)。

  • ホールケーキアイランド編が終わっている風なのに、ギア4 スネイクマンになれない。

  • 上記タイミングの割に、麦わら海賊団+ローは全員揃っている。

  • クロコダイルがいるのに、Mr.1がいない。

  • 赤犬が出てくるほどの一時大事なのに、緑牛が動かない(赤犬は感情先行型。緑牛はいまいち情報が少ないので矛盾はないのかもしれない)。

一番齟齬が少ないパラレルワールド的解釈をすれば、下記ようになるかもしれない。

  • ホールケーキアイランド出航後、世界政府がルフィの懸賞金を15億に上げる前(もちろんワノ国到着前)になぜか麦わら海賊団全員+ローが揃っている

ゲーム性

オープンワールドについて

ガンバリオン初のオープンワールドゲームだったのかと思う。

そのせいか、オープンワールド系ゲーム開発に不慣れな感じが多々ある。

どうしてもオープンワールドというと洋ゲーが先行してる分、あちらの完成度が基準になってしまう。

なので、ちょっとした斜めの坂で、ズザー...と滑り落ちてしまう様は非常に滑稽に見える。

だが、広大な大地をゴムゴムのロケットで飛び回る様は、まさに自分がルフィになったようで非常に心地が良い。

カメラ

個人的にはもう少し速い方が好きだ。というよりオプションで設定できると良い。

ロード時間

ところで、個人的に致命的だと思うのはロード時間だ。

とにかく長い。

ただ、長いロード時間はオープンワールドには不可欠。それはわかっている。

だが、ボス戦で負けたあとのコンティニューでもファストトラベル時と同じロード時間がかかっている。

あれはどうにかならないか。UXが著しく落ちている。

ターガットロック機能

これは存在理由がわからない。

のような「z注目機能」かと思ったが、

なんとただ、マーキングするだけなのである。

一応、カメラリセットで画面中央に捉えられるが、

この機能を使いたい敵は大抵動きが早いので、

常に画面内に収めようと思えば、カメラリセットボタンを連打する羽目になる。

無理やり使い方をひねり出せば、vsジャンヌ戦で本物のジャンヌにマークを固定しておくぐらいか....

ゴムゴムの死

これは、デバッガーか誰か突っ込まなかったのだろうか、

今作のルフィのメインウエポン

「ゴムゴムの火拳銃(レッドホーク)」

カメラワークや演出も凝っていて、非常にかっこいい技だ。

が、だ。

なんとこの技、無敵時間がないのだ。

なので、体力が少ない時にこの技を発動させ、

「ゴムゴムのぉぉぉぉ」

とかやってるときに、敵に、

「ぽかっ」

ってやられると、

死ぬのだ。

タイトルの通り、

ゴムゴムの死

なのだ。

これにより、レッドホークは1対1のときかつ相手が弱攻撃後の怯んでいる時を見計らって使わなくては逆に反撃をもらうという謎のゲーム性が誕生する。なので、それはそれでありと言えなくもない。いや、やっぱ言えない。

育成システム

育成面は、よくあるスキルポイント配布型システム。

ゲームが進につれ、自分好みに成長させていけるのはやはり良い。

一つ能力アップするだけで、成長を実感できるほど差分があるのは非常に良いと思う。

操作性

移動が少しもっさりしている気がする。が、ここは好みの問題だと思う。

に近いイメージだが、個人的には、

のようにキビキビ動く方が好きだ。

グラフィック

キャラゲーなので、と個人的には納得できる。

ただ、別段綺麗というわけではない、

音声

キャラゲーなのに、フルボイスではない!

正直これはかなりのマイナスポイント。

ムービーシーン(最近の作品は動画ではないけど)はさすがにフルボイスだが、そのほかの全てのイベントシーンは紙芝居のように話が進む。

そして、キャラクターが1テキストにつき1回

「おぅっ」

のように掛け声を喋る。これは非常に残念。

たぶん予算が足りなかったのだと思う。

難易度

普通。難易度は非常に小刻みなので、自分にあったものでプレイすれば快適かと思う。

次回作について

是非、プレイしたい。

個人的な要望としては、

のように、海に出たい。だって海賊だもの